そろそろiPhoneを買い替えたいと考えている人もいるかもしれません。新しいiPhoneに買い替えるのであれば、今まで使っていたiPhoneは下取りや売却に出したいですよね。そして、その際に必要となるのがiPhoneの初期化です。iPhoneの初期化を正しく行わないと個人情報が流出してしまう可能性があるため、慎重に行わなければいけません。

また、iPhoneの不具合が原因で買い替えを考えているという場合は、他にできることがあるかもしれません。少しの対処で不具合を解消できるのであれば、買い替えをするのはもったいないですよね。まずは、できることを試してみるべきだといえるでしょう。

ここでは、iPhoneの初期化方法およびiPhoneに不具合が起こったときの対処法についてまとめました。iPhoneの買い替えを考えている場合や故障で困っている場合は、ぜひ参考にしてください。

iPhoneの初期化前にはバックアップを取る

iPhoneを下取りに出したり売却したりするときには、必ずiPhoneの初期化が必要となります。また、アプリの動作が重い場合や電源がすぐに切れてしまうなどの不具合も、iPhoneの初期化を行うことで解消できる場合があります。

iPhoneの初期化を行う際には、必ず事前にバックアップを行いましょう。バックアップを忘れると、iPhoneの初期化をするときにすべてのデータを失ってしまいます。なお、iPhoneのバックアップ方法はiCloudを利用する方法とiTunesを利用する方法の2種類があります。自分にとってやりやすい方法でiPhoneのバックアップを行うといいでしょう。

iPhoneの初期化の手順

iPhoneの初期化を行う際には、以下の手順で行ってください。

iPhoneの初期化を行うときには、まずはApple IDのサインアウトを行う必要があります。

ホーム画面から「設定」を選択し、「自分の名前」をタップします。そこから「サインアウト」をタップし、パスワードを入力しましょう。「データのコピーをこのiPhoneに残しますか?」と表示されたら、右上の「サインアウト」をタップしてサインアウト完了です。

次に、「設定」に戻って「一般」を選択します。

そして「リセット」を選択し、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

するとパスコード入力画面が現れるので、iPhoneを開くときに入力するパスコードを入力します。機能制限パスコードが求められた場合は、これも入力します。

そしてパスコード入力後に「すべてのメディアとデータを消去し、すべての設定をリセットします。」という文章が表示されたら、「iPhoneを消去」をタップします。これで、iPhoneの初期化は完了です。

iPhoneに不具合が起こったときの対処法

iPhoneに不具合が起こったことが原因で買い替えを検討している人もいるかもしれませんが、iPhoneの不具合は簡単に直せる場合もあります。ここではiPhoneによくある不具合と不具合が起きた場合に試すべきことについてまとめました。

iPhoneによくある不具合

iPhoneによくある不具合としては、以下が挙げられます。

・画面がフリーズする

画面がフリーズしたり動作が遅くなったりするのは、iPhoneの代表的な不具合だといえるでしょう。この不具合が起きてもiPhoneを使うことはできますが、スムーズに操作することができないためストレスとなります。

・インターネットに接続できない

iPhoneをインターネットに接続できなくなる場合もあります。設定を変えたことやSIMカードに不具合が起きていることなどが原因として考えられます。

・電源が入らない

電源が入らないよくある原因としては、正常に充電できないことが挙げられます。また、ディスプレイが正しく表示されないために電源が入っていないように見える場合もあります。

iPhoneに不具合が起きたときに試すべきこと

iPhoneに不具合が起きたときには、以下の方法を試してみてください。

・再起動

最も簡単に行うことができ、かつ効果的な方法が再起動です。iPhoneに不具合が起きていると感じたら、まずは再起動してみましょう。ただし、不具合が原因で電源を切れない場合もあります。その場合は、iPhoneを強制再起動する必要があります。iPhoneの強制再起動の方法はモデルによって異なるため、使用しているモデルの強制再起動の方法を調べて試してみてください。

・マルチタスクの終了

iPhoneの画面がフリーズしてしまう場合に有効な対処法が、マルチタスクの終了です。使ったアプリの履歴を、すべて消去しましょう。これを行うことで、フリーズが解消することは多くあります。

・アップデート

iOSのアップデートを行っていないことによって不具合が生じる場合もあります。とくにiOSのアップデートを行わないまま新しいアプリをインストールすると、不具合が起こる原因となります。iOSのアップデートはできるだけこまめに行うことをおすすめします。

・iPhoneの初期化

iPhoneの初期化をすることで、不具合が解消されるケースは多々あります。忘れずにiPhoneのバックアップを行ったうえで、初期化をしてみてください。

iPhoneの初期化を正しく行おう

自分のiPhoneを手放す場合は、忘れずに初期化を行うことが非常に大切です。個人情報の漏洩を防ぐためにも、必ず行うようにしましょう。また「iPhoneの調子が悪いから買い替えよう」と考えている人もいるかもしれませんが、簡単な対処で解決できる場合もあります。買い替えを決める前に、まずはここでご紹介した対処法を試してみてください。

カテゴリー: 未分類