「新しいiPhoneを購入したいけれど、データ移行が面倒」「うまくできなかったら困る」という人も多いのではないでしょうか。

iPhoneには、大切な思い出やデータが詰まっていますから、スムーズに新しいiPhone生活を楽しむためにも、データ移行は確実に行いたいものですよね。

今回はiPhoneのデータ移行方法について、解説します。

iPhoneのデータ移行方法は3種類

iPhoneのデータ移行方法には、次の3種類があります。

直接iPhone同士でデータ移行する方法

Bluetooth接続を利用し、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを直接転送する方法は「クイックスタート」というものです。

古いiPhone、新しいiPhoneそれぞれがiOS12.4移行であることが条件となります。

パソコンを使わずに、手軽にデータ移行できるのがメリットです。

クイックスタートを使えば、古いiPhoneのバックアップを作成する必要がなく、新しいiPhoneにスムーズにデータ移行することが可能となります。

シンプルで仕組みが分かりやすく、Wi-Fi環境がなくても作業が行えるため、準備の手間や時間を大きく短縮することが可能です。

大容量でも無料でデータ移行できるというのも、クイックスタートのメリットといえるでしょう。

デメリットとして考えられるものは「移行に時間が必要」というものがあります。

移行するデータ容量が大きければ大きいほど、時間が掛かるということです。

保存されている写真や動画が多い場合は、ある程度時間を確保して作業をスタートさせる必要があります。

あまりにも保存されているデータが多い場合は、iTunesやiCloudを利用する方法を検討してみてください。

iTunesを利用する方法

パソコンでiTunesを利用してデータ移行する方法では、iPhone本体や利用回線を問わず移行できます。

iCloudを利用する方法

Wi-Fi環境と、新旧それぞれのiPhoneさえあれば、簡単にデータ移行できるのがiCloud経由でデータ移行です。

iTunesを経由するよりも、簡単に行うことができるのがメリットです。

注目の移行方法「クイックスタート」とは

クイックスタートは、移行作業開始までに必要となる手間を省くことができます。

ただ、データを移行する作業を実施する際は、事前準備が必要となりますから、覚えておきましょう。

作業といっても難しいものではありませんが、スムーズに移行を進めるための下準備と考えて用意しておいてください。

1.Apple IDとパスコードの確認

直接転送をするためには、大前提として使用端末の「Apple ID」と「パスコード」が必要となります。

Apple IDとパスコードが分からない場合は、クイックスタートを使うことができません。

事前にチェックし、もし忘れてしまった場合は再発行などの対応が必要となります。

2.端末iOSを最新バージョンにしておくアップデート

クイックスタート機能は、先ほども述べた通りiOS 12.4以降の端末のみ対応となります。

もし、移行したいデータが保存されている古い端末や、これから使用する新しい端末のiOSが12.4以前のバージョンの場合は、アップデートを実行して最新のiOS にしてください。

3.各アプリのアカウント引き継ぎ

クイックスタートを実行する場合に、忘れてはいけないのが各アプリのアカウントの引き継ぎ作業です。

アプリによっては、自動的に引き継ぎ対応してくれるものもありますが、LINEのように事前設定が必須のアプリもあります。

データが消失して、後悔するようなことがないように、引き継ぎは確実にしておきましょう。

クイックスタートの手順

クイックスタートは、次の手順で作業を進めます。

1.新しいiPhoneにSIMカードを挿入し、電源ボタンを長押しして起動する。

2.古いiPhoneのロックを解除し、BluetoothとWi-Fi接続をONにして新しいiPhoneの隣に置く。

3.新しいiPhone画面に「こんにちは」という表示が出たら、上スワイプまたはホームボタンを押す。

4.古いiPhoneの画面に「新しいiPhoneを設定」という表示が出たら、「続ける」をタップする。

5.新しいiPhoneにアニメーションが表示されたら、古いiPhoneのカメラで読みとる。

もし、カメラが使えない場合は「手動で認証」をタップして、画面の案内に従う。

6.新しいiPhoneからパスコード入力が要求されたら、古いiPhoneのパスコードを入力。

7.新しいiPhoneに「Face ID」「Touch ID」を設定する。

8.新しいiPhoneの画面に「データを転送」が表示されたら「iPhoneから転送」を選択。

iPhoneデータ移行には「クイックスタート」がおすすめ!

バックアップデータ作成やパソコンの用意などが不要で、データが大きくても有料にならないクイックスタートは、iPhoneデータ移行方法として注目を集めています。

新しいiPhoneを古いiPhoneにかざすだけでデータ移行ができる、というのは簡単で、かつスマートなイメージがするので「やってみたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。

ただし、データ移行に使える時間や、データ容量、ネットワーク速度によってはiTunesやiCloudを使用した方が、メリットが大きいケースもあります。

その点については、データ移行前によく検討し、時間には十分余裕をもって作業をスタートさせてくださいね。

カテゴリー: iPhone