iPhoneは高価な買い物ですから、購入する際には「大切にしよう!」という思いを胸に購入する人も多いと思います。

しかし、実は毎年それなりの台数のiPhoneで、初期不良の報告があることを知っていますか?

iPhoneに初期不良が起きていた場合は、状態によって無償交換してもらえるケースもあります。

少々手間はかかりますが、せっかく手に入れた新しいiPhoneですから、可能な場合はきちんと交換してもらいましょう。

iPhoneの初期不良状態

まずは、iPhone の初期不良とはどのような状態かを確認しておきましょう。

iPhoneの初期不良は、所有者の過失がないのに不具合が発生している状態を指します。

iPhoneの初期不良時には、以下のような症状が出ますから「おかしいな」と感じたらチェックしてみてください。

【電源に関する初期不良】

・iPhoneの電源を入れても起動しない

・操作していないのにiPhoneが再起動したり、強制終了されたりする

・iPhoneの電池消耗が激しい

・iPhoneが充電されない

【電波関連の不具合】  

・圏外になる

・Wi-FiにiPhoneが接続できない

・Bluetooth通信が正常に機能しない

【画面やセンサーの不具合】       

・iPhoneの電源を入れているのに、画面が表示されない

・画面をタッチしても反応しない

・タッチしていない場所が反応する

・表示画面にドット抜けや乱れが見られる

・通話中、画面が顔に触れたときに誤作動を起こさないように搭載されている近接センサーが正常に機能しない

・iPhoneを使用する周囲の光に合わせて、画面の色合いを調整するTrue Toneが正常に機能しない

【音やスピーカー関連の不具合】

・音が極端に小さかったり、大きかったりする

・正常に音が鳴らない

・音にノイズが混じる

・通話中、受話部分からの音が聞き取りにくい

・メールや電話の通知音が異様に大きかったり、小さかったりする

iPhoneの初期不良確認方法

「iPhoneが初期不良状態かもしれない」と感じたら、以下の方法で確認しましょう。

【電源に関する初期不良】

・充電がきちんとできているか確認する

【電波の不具合】

・接続を一度切ってみる

・iPhone本体を再起動する

【画面やセンサーの不具合】

・iPhoneを起動した際にきちんと画面表示されるかを確認する

・画面にドット抜けや乱れがないか確かめる

・画面タッチした際、タッチしたところとは違う場所が反応しないかをチェックする

画面やセンサーの不具合をチェックする際には、センサー誤作動を防ぐためにも、iPhone購入時に貼られている保護フィルムを剥がし、その上で確認してください。

【音やスピーカー関連の不具合】

・iPhoneがマナーモードになっていないか確認する

・音量設定がミュートになっていないか確認する

iPhone初期不良かも?と思ったら

上記方法で確認してみて、iPhoneの初期不良かもしれないと感じた場合は、Appleに相談してみましょう。

iPhone の初期不良については、iPhoneを販売している大手キャリアショップでは対応しておらず、Appleにお任せとなっている場合が多いので、Appleのコールセンターなどに問い合わせたり、Apple Storeに持ち込んだりするのが解決への近道です。

iPhone初期不良時の一般的な対応は「交換」

iPhone初期不良に関しては、無償交換を受けられるケースもあります。

iPhoneが無償交換できる場合

iPhoneは、購入時に1年以内の『ハードウェア保証』と、加入手続きで適用される2年間の『AppleCare+』という2種類の保証サービスがあります。

どちらの保証であっても、初期不良による故障は無償交換対象となりますので、疑わしい場合はAppleに確認してみましょう。

ただし、iPhone本体に使用中の過失による外的損傷が見られた場合は、保証の対象外となります。

iPhone無償交換の手続き

iPhoneの無償交換手続きには、Apple正規店にiPhoneを持参して交換してもらう方法と、Appleから送付される新しいiPhoneと、初期不良症状が出たiPhoneを交換する方法があります。

交換方法としては、この2種類が基本ですので、自分にとって対応しやすい方法を選びましょう。

Apple正規店で無償交換する場合

Apple StoreにiPhoneを持参する場合は、その場でAppleのスタッフに初期不良化を確認してもらいます。

初期不良と判断された場合は、同じ機種の新しいiPhoneに交換してもらうことが可能です。

Apple Storeは混雑していますから、スムーズに対応してもらうためにも、事前予約を取ってから来店することをおすすめします。

郵送交換の場合

Appleのコールセンターに電話をかけて申請し、郵送で新しいiPhoneを送付してもらう交換手続き方法もあります。

まずは、電話でiPhoneを交換する日時を決めましょう。

後日、指定した日時に宅配便で新しいiPhoneが送られてきますから、自分でデータ移行してください。

お店に行く必要がないため、忙しい人にはおすすめの方法です。

ただし、郵送交換の場合は初期不良だったかどうかを確認するタイミングがiPhone返送後となるため、Appleが「これは初期不良ではない」と判断した場合、有償交換扱いとなるケースもあります。

その場ですっきりさせたいという人には、Apple正規店での手続きがおすすめです。

スムーズに手続きするためにはAppleに直接相談を

iPhone初期不良での無償交換をスムーズに行うためには、製造元であるAppleが運営するApple StoreやApple正規サービスプロバイダに相談するのが一番です。

近くに店舗がないという場合は、大手キャリアショップでも修理対応をしてくれるケースもありますが、無償交換の場合はやはりApple対応となります。

初期不良かな?と感じたら、保証期間を確認の上、できるだけ早めに対応することをおすすめします。

カテゴリー: iPhone