iPhoneユーザーにとって、iPhoneは今や生活になくてはならないツールといえるでしょう。

そんなiPhoneの電源が、ある日突然入らなくなったら、困りますよね。

今回は、そんな時に自分でできる対処法や、修理に出す手順について紹介します。

iPhoneの電源が入らない理由

iPhoneの電源が突然入らなくなる理由として考えられるもののひとつに、突然死のような原因がはっきりしないケースもあります。

破損や水没など、原因が分かる場合は「あれが原因かな」と諦めもつきますが、ある日突然iPhoneの電源が入らなくなるというのは、困りますよね。

そんな時にはまず、自分でできる解決方法を試してみてください。

電源が入らない場合は、まず強制終了してみる

電源が入らない場合は、強制終了させるのが一般的な対処法です。

強制終了後、Appleマークが表示されれば強制終了が無事完了し、再起動できているという状態となります。

ごく稀に、電源が入ってもそのまま画面が切り替わらなくなってしまうケースもありますが、そのような場合はもう一度強制終了してみてください。

それでも上手くできない場合は、Appleサポートセンターに相談してみましょう。

では、強制終了方法について、見ていきます。

<iPhone8以降の強制終了方法>

1.音量ボタンの上を押してすぐに話す

2.音量ボタンの下を押してすぐ話す

3.電源ボタンを長押しする

iPhoneが熱を帯びていないか確認する

iPhoneの電源が上手く入らず、本体が熱くなっている場合は、本体を涼しいところに置いて本体の熱を冷まし、放電するのも一つの方法です。

iPhoneは比較的熱がこもりやすいので、利用年数が長い場合はとくに普段通りに使用していても、高温状態になってしまう現象が起きます。

そのような場合に、電源がつかなくなる不具合も発生する可能性がありますから涼しい場所で放電し、再度電源を入れたり、充電したりしてみてください。

充電が正しくできているか確認する

充電に使用するケーブルやiPhone本体に問題がないかを確認し、正しく充電できているかチェックしましょう。

充電不足で画面がつかなくなるケースもありますから、そのような現象が起きた時に「そういえば、数日以上充電していない」などの心当たりがある場合は、まずは充電をしてみてください。

充電をしてみて、充電ランプが点灯した場合は、そのままiPhoneを触らずに充電を続けましょう。

充電が完了したら、充電ケーブルを抜いてからiPhoneの状態を確認してみてください。

充電しても電源が入らない場合は、充電ケーブルや充電器本体にトラブルが生じている可能性があります。

まず、コンセントにきちんと差し込まれているかを確認してみましょう。

きちんと差し込まれているにも関わらず充電できない場合は、充電ツールを確認しましょう。

たとえば、非純正品を使用している場合は、純正品のケーブルで充電してみてください。

それでも改善されない場合は、新しい充電ケーブルに買い替えると解決できることもあります。

また、純正品を使っていても、ケーブルが摩耗していることが原因で充電ができていないことも考えられます。

それでもだめならリカバリー(初期化)しよう!

これまで紹介してきた方法を試しても電源が入らないという場合は、初期化をしてみましょう。

Appleサポートでも、この方法を推奨しています。

操作をする際には、自分のApple IDとパスワードの入力が必須となりますから、作業開始前には思い出しておきましょう。

iTunesが入っているパソコンを使用してリカバリーを実施する場合は、作業中に中断してしまうと情報がすべて消失するリスクがあります。

作業を始める前にバックアップできればいいのですが、突然電源が入らなくなった場合は対応できません。

このようなことがないように、日頃からこまめにバックアップしておくようにしましょう。

<iPhone8以降の初期化方法>

まず、iPhoneとパソコンをUSBケーブルでつなぎます。

iPhoneの電源はオフにする必要がありません。そのまま音量を上げるボタンを押します。

続いて、音量を下げるボタンを押しましょう。

iTunesのマークが表示されるまで、スリープボタンを長押しします。

しばらくすると、iTunesのマークが出てきて、画面にログが表示されます。

「復元」を選ぶと、初期化完了となります。

iPhone本体のトラブルが原因かも?という時は

充電ケーブルなどの問題ではなく、iPhone本体の問題で充電できないケースに多いのは、充電部分であるドックコネクター摩耗がその原因となりがちです。

携帯しながら充電したことによって接触部分が摩耗したり、充電回数が多すぎると生じるトラブルです。

このような状態の場合は、Appleサポートでなければ対応できないのですぐに連絡してみてください。

電源が入らない状態が続くなら、買い替えもるのも一つの方法

iPhoneの電源が入らなくなる理由は、日ごろの使い方が原因となっているケースもあります。

心配な場合は、非純正品の使用を控え、純正品を使用するようにしたり、扱いに注意するだけでも改善されることもありますから、試してみてください。

それでも電源が入らない現象が頻発する場合は、iPhoneは修理代も高くかかりますから、買い替えるのも一つの方法として検討してみてくださいね。

カテゴリー: iPhone