iPhone12の販売がスタートし、iPhone11は旧モデルとなったことにより値下げが行われ、お買い得モデルとして注目を集めています。

今回は、iPhone11、そして最新モデルのiPhone12、一世代前のモデルであるiPhone Xの基本的なスペックと違いについて解説します。

iPhone Xの基本的なスペック

iPhone Xの基本的なスペックについて見ていきましょう。

【大きさ】143.5mm×70.9mm×7.7 mm

【ディスプレイサイズ】5.8インチ

【重さ】174g

  • 通信回線

4G

  • カメラ機能

デュアルレンズカメラ構成で、広角と望遠での撮影が可能です。

  • バッテリー

iPhone Xの充電は、iPhone 8 Plusよりも2時間短いとされています。

本体を小型化し、バッテリー容量を増やすためにバッテリーをL字型に配置していることが起因しています。

・ビデオ再生:最大13時間

・ビデオ再生(ストリーミング):-

・オーディオ再生(ワイヤレス):最大60時間

iPhone 11のスペック

続いて、iPhone 11のスペックです。

【大きさ】150.9mm×75.7mm×8.3 mm

【ディスプレイサイズ】6.1インチ

【重さ】194g

  • 通信回線

4G

  • カメラ機能

iPhone Xと大きく性能が異なるのがカメラ機能です。

iPhone 11もデュアルレンズカメラ構成となっていますが、iPhone X は広角と望遠だったのに対し、iPhone 11は広角+超広角となっており、同じ被写体を撮影しても仕上がりの綺麗さが大きく変わってきます。

  • バッテリー

バッテリー充電はiPhone 11の方が1時間長くなっているため、一度充電するとiPhone Xよりも1時間長く使用することが可能です。

外出先でスマートフォンを使用するときに、バッテリーの持ちがいいというのは心強いポイントといえるでしょう。

ビデオ再生:最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
オーディオ再生:最大50時間

iPhone Xと比べると、iPhone 11はカメラの性能が大きく向上しています。

今から購入を検討するなら、iPhone 11がおすすめです。

iPhone 12のスペック

最後にiPhone 12のスペックについてみていきましょう。

【大きさ】本体サイズ:146.7mm×71.5mm×7.4mm

【ディスプレイサイズ】6.1インチ

【重さ】162g

  • 通信回線

5G

iPhone 12は、新しい通信規格である5Gに対応しています。

通信速度がこれまで以上に速くなりますが、現在はまだ対応エリアが限定的なので、お住まいのエリアが5Gに対応しているかを確認してから購入を検討してください。

  • カメラ機能

iPhone 12は、手軽に上手な撮影ができる、とてもいいカメラ機能を搭載しています。

詳しくは後述します。

  • バッテリー

iPhone 12のバッテリーは、実はiPhone 11よりもサイズダウンしています。

ただし、より効率のよい駆動を実現したため、動作時間自体はiPhone 11よりもアップしています。

ビデオ再生:最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大11時間
オーディオ再生:最大50時間

バランスの取れた『iPhone 11』がおすすめ

写真や動画を撮影するのは好きだけれどそこまでこだわりがないという方は、まずiPhone 11を検討してみてください。

iPhone6以降、iPhone11まで四隅が丸みを帯びた、美しく手に馴染むデザインで展開してきたので、カメラ機能にそこまでこだわりがなくデザインを重視したい方はiPhone11を選ぶようにしましょう。

また、出先で携帯を使うことが多い方は、バッテリーの持ちの問題からPhone XよりもiPhone11がおすすめです。

使いやすさ、価格、スペックと、どれをとってもちょうどいいバランスとなっています。

旧モデルとなるので入手が困難になることも考えられます。買い替えを考え始めたら、まずはショップで現品を触ってみて、その上で検討してくださいね。

カテゴリー: iPhone

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です