iPhone 12とiPhone 11にはどのような違いがあるか知っていますか?

最新モデルであるiPhone 12の方が値段も高くなりますが、その分スペックにも違いがあります。

ただ、むやみに高機能なものを持っていても、使いこなせなくては仕方がありません。

今回はiPhone 12シリーズのスペックや性能、iPhone 11との違いについて紹介します。

iPhone 12はとにかくハイスペック!

それでは、iPhone 12の基本的なスペックを見ていきます。

ディスプレイと本体のサイズ

iPhone 12とiPhone 11のディスプレイサイズと本体サイズは次のようになっています。

【iPhone 12】

ディスプレイサイズ:6.1インチ

本体サイズ:146.7mm×71.5mm×7.4mm

【iPhone 11】

ディスプレイサイズ:6.1インチ

本体サイズ:150.9mm×75.7mm×8.3mm

こうして比べてみると、iPhone 12とiPhone 11では本体サイズがiPhone 11のほうが少し大きく、ディスプレイサイズは同じ大きさであることが分かります。

つまり、iPhone 11は本体が少し大きいと感じていた方にとっては、画面サイズはそのままに、少しコンパクトになったということです。

重量について

続いて、重さについても比べてみます。

iPhone 12:162g

iPhone 11:194g

iPhone 11と比べると、iPhone 12は32gほど軽くなっています。

本体をアルミニウムにしたことにより、軽量化を実現しました。

毎日の生活に密接に関わるスマートフォンなので、重さが32g違うというのはとても大きいです。

ディスプレイサイズはそのままに、本体が少し小さくなり、軽量化も実現したiPhone 12を、ぜひ一度ショップで手にとって比べてみてください。

ストレージについて

ストレージは、iPhone 12 もiPhone 11と変わりなく、次のサイズで展開しています。

・64GB

・128GB

・256GB

ストレージサイズによって、iPhoneの価格は変わってきますので、自分がどのようにiPhoneを使用するか、想定する場面を検討して購入することをおすすめします。

通信速度について

iPhone 12は5Gに対応しています。

5Gは、高速で大容量通信を実現した、信頼性の高い通信技術です。

iPhone 11の通信速度でも、それほど不便を感じない方も多いかもしれません。

しかし今後5Gが一般的になると、あらゆる機器と同時接続し、さまざまな端末がシステムと連携していくことが予測されます。

今後5Gを活用したサービスの幅が広がることが期待できるので、これを機に導入するのも一つの方法です。

ちなみに、5Gになると大容量データを一瞬にして送受信することが可能となります。

例えば、VR映像や授業や会議といったリアルタイム配信、複数の映像受信などもできるようになります。

4Gでも対応可能ですが、時間がかかったり、重たくなったり、遅かったりといった不便さがクリアになるのが、5Gの魅力といえるでしょう。

iPhone 12では、次のカラーを展開しています。

カラー

・ブラック

・ホワイト

・(PRODUCT)RED

・グリーン

・ブルー

iPhone 11は、ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、イエロー、(PRODUCT)RED

だったので、新しくブルーが追加され、パープルとイエローがなくなったということになります。

デザインについて

iPhone 6以降ずっと丸みを帯びた形だったiPhoneですが、iPhone 12はiPhone5やiPad Proのような角張ったデザインが採用されました。

フラットでちょっと懐かしい印象のデザインです。

カメラ機能

iPhone 12のカメラ機能には、次のようなものが搭載されています。

・デュアル

・1,200万画素

・超広角

・口角

・2倍の光学ズームレンジ

・ナイトモード

・Dolby Vision対応HDRビデオ撮影

iPhone 12で新しく搭載された機能としては、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影が挙げられます。

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影が搭載されたことで、これまで以上に綺麗な動画が撮影可能となりました。

カメラ機能に関しては、Dolby Vision対応HDRを搭載していることがiPhone 11との大きな違いとなるので、購入前にはぜひショップで手に取って試してみてください。

生体認証について

iPhone 12では、Face IDによる顔認証が導入されました。

顔認証についてはサングラスや帽子を被っていても認証されますが、マスクに関しては少し認証しづらいとされています。

iPhone 12の充電方式

iPhone 12では、高速充電に対応しています。

高速充電対応の充電器があれば、これまでよりも速いスピードで充電することが可能です。朝、出かける前に急いで充電をしなくてはいけない時なども、30分程度充電すれば1日使える程度の充電ができます。

また、ワイヤレス充電にも対応しています。

綺麗な動画・写真を撮影したいならiPhone 12

iPhone 12は難しい設定をしなくても、圧倒的なクオリティの動画撮影・写真撮影が可能です。

一眼レフカメラを購入することを考えれば、携帯電話でその機能が充分に使えるiPhone 12の魅力は大きいものといえるでしょう。

ただ、従来品よりも付属品が少なく、同梱される付属品はUSB-C-Lightningケーブルのみとなっているので、ヘッドフォンや充電器が必要な場合は別途購入が必要です。

今までもiPhoneを使用していた方は、従来品のものをそのまま使用することが可能ですが、必要に応じて付属品を買い揃える必要があります。

本体代プラスいくら程度の予算が必要か、試算してからよく検討してみてくださいね。

カテゴリー: iPhone

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です