iPhoneを触っていないはずなのに、画面が勝手に動いて驚いた経験はありませんか?

iPhoneの故障かな?と思う人が多いかもしれませんが、それはもしかしたらiPhoneのゴーストタッチが原因かもしれません。

今回は、ゴーストタッチが起きる原因とその症状について解説します。

iPhoneのゴーストタッチとは?

ゴーストタッチとは、その名の通り自分が操作していないにも関わらず、iPhoneが勝手に動く現象のことです。

おばけに操作されているような現象であることから、ゴーストタッチと呼ばれています。

では、具体的な症状を見ていきましょう。

  • 知らないうちにアプリが起動されている

iPhoneのゴーストタッチの代表的な症状として「知らない間にアプリが複数起動される」というものがあります。

アプリが複数起動されていると、iPhoneの操作性が悪くなるだけでなく、バッテリー劣化にもつながるので注意が必要です。

  • 画面が勝手に動く

iPhoneの画面が勝手に動いて、操作できなくなるケースもあります。

  • 勝手に電話をかけてしまう

iPhoneを操作していないにも関わらず、勝手に誰かに電話を掛けたり、SNSに投稿するケースもあります。

特にSNSに関しては、周囲の友人や職場などにも影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

ゴーストタッチの対処法

iPhoneのゴーストタッチには、どのような原因が考えられるのでしょうか。

iPhoneの画面についた細かな傷が原因

iPhoneのゴーストタッチの原因のひとつは、画面についてしまった傷にあります。

小さな傷やゴミが画面に付着していると、それが人の指先による操作と誤認識してしまい、iPhoneが勝手に動くことがあるのです。

対処法としては、画面をきれいに保つことが有効です。

保護フィルムを貼っている場合、保護フィルムと画面の間にゴミや気泡が入ってしまっている可能性もあります。

一度、保護フィルムを剥がしてから画面を掃除して、新しいフィルムに貼り替えるといいでしょう。

画面の傷が原因となっている場合には、画面修理が必要です。

iPhoneを落としたり、乱暴に扱ったりしている場合には、画面が傷ついている可能性が高いので確認してみてください。

持ち運ぶときにはケースを使用すると、画面を傷から守ることができます。

ソフトウェアが原因となる場合

iPhoneのゴーストタッチの原因として、ソフトウェアであるiOSに不具合がある可能性もあります。

iOS更新時に不具合が生じるケースもありますし、使用しているiOSのバージョン自体に問題があることも考えられます。

ソフトウェアが原因となる不具合が出た場合は、まず再起動してみることをおすすめします。

再起動してiPhoneの調子が良くなった場合は、ソフトウェアが原因であったと考えられます。

それでも症状が改善されない場合は、iOSをアップデートしてみてください。

再起動やアップデートをしても改善しない時には、iPhoneを初期化します。

初期化前には、必ずバックアップを取っておくようにしましょう。

iPhone本体に原因がある

iPhoneの高温化などといった本体の故障が原因で、ゴーストタッチが起きる可能性もあります。

その場合、原因として考えられるものには次のようなものがあります。

iPhoneを充電しながらゲームをしている

通常のアプリより複雑な処理を行うゲームアプリを使用していると、iPhoneが熱くなる危険性があります。

ゲームアプリを使用しながら充電をすると、iPhone本体が高温となり、ゴーストタッチの原因になる可能性もあるということを知っておきましょう。

充電時は特に熱がこもりやすいため、iPhoneケースから外して少しでも熱を逃がし、安全に充電するようにしてください。

純正品以外の充電器を使っている

正規品ではない非正規品(サードパーティー)を利用していると、それが原因となってゴーストタッチの症状を起こす場合があります。

もし非正規品を使用している場合は、まずは充電器を純正品に戻してみましょう。

そうすることで、状態が改善される可能性もあります。

直射日光や高温な場所に放置した

iPhoneは置かれている環境によっても、本体が熱くなるケースがあります。

直射日光が当たる場所や、高温になる車内に放置するのも、ゴーストタッチの原因となるので注意しましょう。

iPhoneが高温にならないように気を付けることが大切です。

万が一、iPhoneが熱くなってしまったら電源を切り、冷ますようにしましょう。

iPhoneのバッテリーが膨張している

バッテリー劣化による膨張が原因で、iPhone内部の機器が圧迫され、誤作動を起こすケースもあります。

充電中には、基本的にiPhoneを操作しないことが大切です。

バッテリーが膨張している場合は、速やかに修理に出しましょう。

ゴーストタッチの症状が出たら速やかに対策を

ゴーストタッチは、知らないうちに他の人にまで迷惑をかける可能性があることを知っておきましょう。

もし症状が出た場合は、重症化しないようにできるだけ早めに対処することが大切です。

カテゴリー: iPhone

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です